初心者の為のWEB開発

記事に目次を表示!ワードプレスで目次が表示されない原因と不具合解消法

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

wordpress 目次が表示されない原因と不具合解消法 初心者の為のWEB開発

ワードプレスで「目次」を表示したいんだけど、上手く表示されない・・・どうしたらいいの?

ファズ
ファズ

今回はこんなお悩みを持つ方を対象に原因や解決方法を紹介していきたいと思います。

目次機能はコンテンツの見出しを一覧として表示する機能で、読者の興味のあるコンテンツがあるか示す大切な役割があります。

特にブログなどのテキスト主体のサイトでは今では必須といってもいいくらい使われています。

もし表示されないとユーザビリティ的にも良くないですし、最後まで読まれるかどうかにも影響してしまいます。

ではなぜ表示されないといったトラブルが起こるのか?

結論
  • プラグインの設定の可能性
  • テーマ設定の可能性
  • 目次となるタイトルの不足

主にこの3つが原因になることが多く、特にワードプレスに触れ始めたばかりの方に比較的起こりやすい。

本記事では↑上記で示す原因のチェックとそれぞれの解決方法に加え、「複数の目次が表示されてしまう」などといったトラブル解決の方法も合わせて紹介します。

「現在使用しているテーマに目次プラグインを導入したい方」はもちろん、「これから使用するテーマを選ぶ方」・「目次プラグインの導入を検討している方」の選択基準にもなるので、是非目を通してみてください。

ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする
wordpressのおすすめテーマ
WordPressのテーマ選びでお悩みの方必見!

【初心者におすすめの記事】

◆おすすめ有料テーマが知りたい
◆「集客」や「収益」をあげたい
◆テーマを選ぶポイントが知りたい
◆初心者でも使いやすいテーマが知りたい

目次を表示するメリット

まずは簡単に「目次」を表示するメリットの簡単なおさらい。

  • 読者がコンテンツの構造がわかるようにする
  • 検索エンジンへ構造を伝え評価を受けやすくする
  • 読者が目的のコンテンツにすぐアクセスできる用ユーザビリティの向上
  • 長文コンテンツを整理・理解するための指針

冒頭でも少し述べたように、目次は記事を読みにきてくれたユーザーの関心のある情報が、そのページにあるかわかってもらうのが特に重要です。

訪れたユーザーの全員が目を通すものではありませんが、特定の情報を探しているユーザーならほぼ確実に目を通すポイント。

特にまとめページのように情報が過剰にまとめてあるページだと特定の情報を探すことが一苦労で、サイト離脱率を抑えるためにも必要。

上記で4つのメリットを述べましたが、1点だけデメリットもあります!

目次に表示されるタイトルは基本的に記事の中身。不要な情報を詰め込んだページだと、目次の量も増えてしまいます。

大量にある目次だとコンテンツも探しにくいですし、縦幅が大きくなりすぎて読者の読もうという気持ちをなえさせてしまい、逆に離脱率に繋がります。

適度な目次量と、必要な情報のみを網羅したページ作りが必要ということですね。

目次が表示されない「Table of Contents Plus」の場合

ワードプレスの人気プラグイン「Table of Contents Plus」を使って目次が表示されない場合の原因と解決方法の紹介。

以外と見落としているケースが多いので、使用している方や導入を検討している方は改めてチェックしてみてください。

【表示されない原因】

  • 見出しの数が設定必要数に足りていない
  • 目次を表示するタイプが指定されていない
  • ウィジェットの設定でサイドバーのみを指定している
  • バージョンの互換性のなさ

見出しの数が設定必要数に足りていない

見出し機能の多くに共通していますが、目次を表示する際、表示条件として「〇個以上タイトルが必要」の設定があります。

設定数は任意で選べますが、その数に満たない場合表示されません。

Table of Contents Plusの表示条件を示す図

【以下を確認してください】

  • 記事を作る時のh2、h3タイトルの個数が足りているか
  • 目次設定で表示条件の指定数が多くなっていないか

目次を表示するタイプが指定されていない

「固定ページ」や「投稿ページ」のタイプ指定がされていないケースですね。

↓画像の通りチェックボックス形式になっていて、チェックした該当ページにのみ表示されるようになっています。

ワードプレスにインストールしたばかりの場合、「Table of Contents Plus」ではデフォルトだと「page」にのみチェックが入った状態でした。

Table of Contents Plusの表示するページの指定を指す図
Table of Contents Plus設定画面

「page」はワードプレスで固定ページを指すものなので、このままだと投稿していく記事に目次は表示されません!投稿ページにも目次」を反映させる場合「post」にもチェックを入れてください

ウィジェットの設定でサイドバーのみを指定している

「Table of Contents Plus」の目次表示は基本プラグインページで設定できますが、ウィジェットを使って表示する場合、サイドバーのみに表示させる設定が表示されます。

これにチェックを入れているとコンテンツ上部には表示されないので確認してみてください。

ウィジェットでTable of Contents Plusを設定する図
ワードプレスウィジェット設定画面

バージョンの互換性のなさ

テーマやプラグインのバージョンアップをしていない場合、互換性がなくエラーが出たりすることがあります。

テーマやプラグインの更新はセキュリティ面でも重要なので、なるべく最新のものにするのをおすすめ(最新のもので不具合がないか情報は確認はした方がいい)

目次が表示されない「Easy Table of Contents」の場合

基本的には「Table of Contents Plus」と同じ原因である、

  • 見出しの数が設定必要数に足りていない
  • 目次を表示するタイプが指定されていない
  • ウィジェットの設定でサイドバーのみを指定している
  • バージョンの互換性のなさ

上記に加えてもう1点、

テーマに独自実装されている目次機能が有効になっている

↑この可能性があります。

「Easy Table of Contents」を有効にしていても、Cocoonなどのようにテーマ自体に目次機能があり、それが有効化されている場合表示されません。

「Easy Table of Contents」を使いたい方はテーマの目次機能をオフにしてください。

目次表示設定のON・OFFを示す画像
Cocoon設定画面
  • テーマの独自設定から「目次」の設定を確認する

もし、目次が「Easy Table of Contents」でなくてもいいならテーマの方を使うのをおすすめ!

テーマに実装されているはずなのに表示されない原因

Cocoonなどのようにワードプレステーマに実装されているはずなのに表示されない場合は

  • 目次の表示有無を確認する
  • 表示ページを確認する
  • 表示条件を確認する

↑上記をチェック!

「目次機能」がテーマに実装されている場合、プラグイン同様に基本設定ページがあります。表示設定がOFFになっていないか、表示するページが適正かチェックしてみましょう。

↓下画像はCocoonに実装されている目次機能設定画面の例。

ワードプレステーマCocoonの目次設定画面

①~③の項目を見直すことでほとんどの場合表示できると思います。

それでも表示しない場合はプラグインの干渉の可能性があります。もし目次系のプラグインをインストールしている方は一度停止させて再度確認してみてください。

目次が複数表示される原因

Table of Contents Plusの目次とCocoonの実装機能の目次両方が表示された様子

目次が表示されたのはいいけど・・・複数表示されてしまう。

↑っていうトラブルに見舞われている方にも解決法を紹介!

目次プラグインはいくつかありますが、人気のものは大体決まっていて使用される率が非常に高い。

しかし、目次プラグインを目次機能が実装されたテーマにインストールした場合、下記2つの事象が確認できました。

  • テーマ実装目次機能が有効な場合、目次プラグインが無効となる
  • テーマ実装目次機能が有効な場合、どちらも表示される

複数表示されるという方は下記の組合せで利用している可能性があるのでチェック!

「目次機能が実装されたテーマ」「Table of Contents Plus」

この場合、目次プラグインを変更」する、あるいは「目次プラグインを削除してテーマの目次機能を使用する」のどちらかにした方がいいです。

ワードプレスで目次が表示されない原因と不具合【まとめ】

ワードプレスで目次が表示されない原因と不具合をまとめてきました。

【原因まとめ】

  • 目次となるタイトルの数が足りていない
  • プラグインの設定ができていない
  • ウィジェットの設定ができていない
  • バージョンの互換性のなさ

再度結論をまとめるとこんな感じですね。

もしテーマとプラグインが両方表示される場合はテーマの方の利用をおすすめします!基本的にプラグインの多用はおすすめしませんし、トラブルや互換性の問題も稀にあるので。

ファズ
ファズ

今回はここまで!

ありがとうございました~

コメント

タイトルとURLをコピーしました