初心者の為のWEB開発

【WordPressを選ぶ理由】使うメリットやデメリットを比較

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

WorddPress 使うメリットやデメリットは? 初心者の為のWEB開発
ファズ
ファズ

Hello!ファズです

ブログをはじめたい、または自社のサイトを作りたい!でも・・・なんでWordPressがいいの??

今回はこんな疑問に対してお答え!

今って、有名ブロガーさん含め色々な記事で「とりあえずWordPress」をおすすめされていますが、じゃあ何がそんなにいいの?というところ。

そもそもWordPressってなんぞ?という方は下記の記事をご覧ください。

WordPressとはなにか初心者にもわかりやすい解説

メリットデメリットなどの記事をまとめている記事を見ると、残念ながら中には間違っていること・いい加減なことが書かれていることも・・・。

正直、突き詰めるとメリットとデメリットはケースバイケース・・・現場を知らないと説明するのも一苦労。

そこでフロントエンジニアをしているぼくが、初心者でもわかるメリットデメリットを簡単にまとめていきたいと思います。 

とりあえず疑問の解としては

WordPressを初心者でもサイト運用がしやすいことに加え、専門知識がなくてもカスタムできるといったことが容易なため、ブロガーさんにおすすめされていることが多いです。

メリット
デメリット
  • WordPress本体は無料で配布されている
  • テーマデザインを使うと学習が不要
  • 簡単にコンテンツ作成や更新ができる
  • 色変えや配置のカスタムが簡単
  • プラグインによる機能拡張が簡単
  • 自由度が高い
  • ネット上に情報が多い
  • 初心者の場合テーマの差別化がしにくい
  • 使い方の学習コストはある
  • 多機能すぎて困る
  • セキュリティ対策が必要

ザッとメリット・デメリットを羅列するとこんな感じ!

記事ではさらに詳しく深堀って行きたいと思います。

ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする
wordpressのおすすめテーマ
WordPressのテーマ選びでお悩みの方必見!

【初心者におすすめの記事】

◆おすすめ有料テーマが知りたい
◆「集客」や「収益」をあげたい
◆テーマを選ぶポイントが知りたい
◆初心者でも使いやすいテーマが知りたい

WordPressを使うメリットをわかりやすく解説

  • WordPress本体は無料で配布されている
  • テーマデザインで学習が不要
  • 簡単にコンテンツ作成や更新ができる
  • 色変えや配置のカスタムが簡単
  • プラグインによる機能拡張が簡単
  • インストール型で自由度が高い
  • ネット上に情報が多い

ざっと使うメリットを挙げるとこんな感じ。

WordPress本体は無料で配布されている

WordPress本体はファイル群で公式サイトより無料で提供されています!

太っ腹ですよね・・。

ぼくらはこれを使わせてもらって制作やブログに活用させていただいてる。

ほんといつもありがとうございます!!!

リンク先は日本語版ですが、英語版の方が更新が早いそうです。

テーマで「デザイン」や「学習」が不要

ある程度デザインは似通ってしまいますが、配布されている無料・有料テーマを使うことで、コードを勉強する学習コストをなくすことができます。

デザインが似通ってしまうのは仕方ありませんが、内部構造など専門的な知識を必要とせずに使えるのは一番メリットとしては大きい部分だと思います。

ただし、全くの初心者で外観デザインを大きく変更したい方・特化した強い機能が欲しい人には有料テーマの選択肢を持った方がいいですね。

無料テーマは技術者向けと言っていいと思います!

無料・有料ごとおすすめテーマをまとめたので、下記の記事を参考にしてみてください。

簡単にコンテンツ作成や更新ができる

HTMLやCSSを使ってサイト制作をする場合、htmlタグを使って中のコンテンツを整えたり、入れ替えるといった手間が生まれます。

WordPressを使うことで、初心者でも入力するUI・・・

要は管理画面と呼ばれる、専用の入力画面で内容を入れて更新するだけで記事内のコンテンツを作るだけでなく、簡単に更新変更ができるメリットがあります。

つまり、専門的な知識がなくても最低限自分で運用できるので、どうしても解決できない場合のみ専門業者を頼ることでコストを大幅に削減できます。

プラグインによる機能拡張が簡単

WordPressは外部ファイルとして「プラグイン」と呼ばれる機能を実装することができます。

プラグイン・・・簡単にいうと機能の塊。

PCをWordPressに例えると、プラグインはモニターやマウスに例えることができます。

専門的な技術があれば、内部ファイルに直接書き込んだ実装方法の選択肢もありますが、基本的に初心者には難しい。

そこで、プラグインをインストールしてWordPressに機能を外付けすることで、必要な機能を手軽に使えるようになっていくというメリット。

ナイスオブジェクト指向!

インストール型で自由度が高い

ShopifyやBASEはサイト上でログインして、その中でしか編集・操作することができません。

しかし、WordPressは圧縮されたファイル群で配布されており、自分の用意したサーバにインストールすればファイル内を自由に編集できるのが強み。

もちろん初心者が中のファイルをイジるには難易度は高いですが、クライアントの要望に沿う必要があるので技術者としては非常に助かる。

ツールを使ってサーバではなく、PC上のローカルで操作することもできますしね。

ネット上に情報が多い

WordPressが使われるようになって、多くの情報がネット上に上がっています。

特にWordPressに使われるテーマは様々ありますが、ある程度使っている人が多くなると、使い方やトラブル情報など用意に収集することができます!

初めて触れる人にとってこれはメリット!

先人たちが残してくれたデータがサポートしてくれるという点でめちゃくちゃ助かるはずです。

WordPressを使うデメリットをわかりやすく解説

  • 初心者の場合テーマの差別化がしにくい
  • 使い方の学習コストはある
  • ドメインやサーバなどのコストがかかる
  • 多機能すぎて困る
  • セキュリティ対策必要

もちろんWordPressを使うデメリットもあります!

初心者の場合テーマの差別化がしにくい

初心者がWordPressを使う場合、使うテーマのデザイン変更範囲内で使うことになると思います。

しかし、デザインが・・・ちょっとダサいのと似たり寄ったり担ってしまうことは珍しくありません。

有料テーマの中にはスキンをいくつか用意しているケースもありますが、複数スキンになると高額になることもあるのでコストがかかってしまうことも・・。

とはいえ重要なのは第一がコンテンツなので、ブログなどを目的に導入を検討している方は、ある程度知名度がある有料テーマを使っておけば十分かな。

コンテンツの装飾や見せ方で個性を出して差別化していくのもポイントですよ!

使い方の学習コストはある

この学習コストは内容ではなく、WordPressの「管理画面」の使い方のことですね。

他のCMSに触れたことがある方であれば、見たらなんとなくわかるとは思います。

ただ・・・初めての方だと

  • どこで何ができるのか?
  • どこが主要になるのか?
  • 固定ページと投稿ページの違いって何?

など、基本的に知らないことだらけだと思います。

管理画面は実際に使って触れて覚えた方が早いと思うので、まずはどこで何ができるのか遊んでみたらいいと思います!

ぼくが最初固定ページと投稿ページの違いを回りの人に聞いた時・・・誰もちゃんと説明できる人がいなくてビビりました(笑)

初心者の場合有料テーマが推奨される

初期状態だと無料テーマと有料テーマには機能に差があり、無料テーマは基本的にシンプルなものが多いです。

無料テーマ

技術者やプラグインを使って必要な機能を自分で付与していくのが基本。

例外としてCocoonのような多機能テーマもありますが、デザインがダサいなどの弱点を持つことが多いです。

有料テーマ

最初からデザインを整えてあるものが多く、テーマ性を持たせて特化した機能を実装しているなど様々。

何に使うのか用途を明確にして選ぶと大きく失敗することはないのかなーって思います。

下記の点だけ気を付けて選べばOK!

  • 誰も知らないようなテーマは困った時情報が出てこないので初心者は避ける

ドメインやサーバなどのコストがかかる

WordPressをサーバにインストールするには、先に契約しておく必要があります。

サーバ代もドメイン代もそれほどコストがかからないので、デメリットに挙げはしましたが低コストで利用することができます。

もちろん、使うサーバやその中で選ぶプランによって料金は遷移します。

ブログ運用やコーポレートサイトを運用するだけであれば、どのサーバ会社でも低コストのスタンダードプランで運用できます。

多機能すぎて困る

WordPressに欠かせないテーマ。

基本的に知識や経験がない人が運用する場合有料テーマをおすすめしますが、最近のテーマってホント高機能。

ただ、高機能すぎて初見さんだと何をどうしたらいいのかわからないことも珍しくありません。

もちろん、多機能で有名なテーマであれば情報を調べることができますが、最初は戸惑うと思います。

慣れですね!(笑)

セキュリティ対策必要

WordPressはオープンソースということもあり、自分で自由な調整が可能になります。

基本的なセキュリティ機能は本体に実装されていますが、テーマや導入したプラグインなど、セキュリティ面の脆弱性はとても幅広い要因があります。

この項目でお伝えしたいのは、WordPressを導入して当初の初期設定対策が必要ということ。

特にお問い合わせ機能を実装する場合、スパム攻撃から守る機能の実装や、reCAPTCHAの導入などですね。

最低限のセキュリティを自分で調べて導入するのは必須。

とはいえ、実際にコードを書いてとかはなくて、プラグインを使ったりするのが基本なので、導入する際には是非調べてほしいと思います。

WordPressにプラグイン導入時の注意点!

WordPressはプラグインによって容易にカスタムできるのが大きな利点の1つですが、いくつかの注意点もあります。

それはそう!
こんな便利なものをノーリスクで使えるわけない!少なからずリスクがあるので、事前に知っておきましょう。

プラグイン同士の衝突デメリットを事前に調べる

  • テーマとプラグイン。またはプラグイン同士の相性をチェックする。

プラグインはテーマ同様無料で使えて高機能な物が多くあるメリットの反面、デメリットもあります!

導入前には一度トラブルがないか事前にチェックするのをおすすめ!

頻繁にあるわけではありませんが、たまーにテーマやプラグイン同士が衝突する相性の悪いケースがあります。

有名なものであれば、過去にそういう事例があればすぐに出てくると思うので。

特に用途の近しいプラグインを複数入れるとかは避けた方がいいかな。

ちなみにチェック方法は簡単!

「テーマ名 プラグイン名」とか「テーマ名 プラグイン名 不具合」とかで思いつく言葉で検索してみてください。

事例があればそれで大抵でてくるはずです。

プラグインはたくさん導入しない

プラグインは確かに簡単で便利ですが、上記のような衝突デメリットの他、入れすぎると著しく動作を重くすることもしばしば。

また、プラグイン1つで大幅にパフォーマンスを下げてしまうケースもあるので、以下の点には気を付けるようにした方がいいです。

  • 良さそうだからとたくさん入れない
  • 使ってないものは無効化、または削除する

WordPressメリットデメリットまとめ

以上、WordPressを検討している人に向けて、メリット・デメリットなどをまとめてきました!

WordPressは便利で比較的初心者でも簡単に使えるのは間違いないです。

ただ、全くの初心者だと、初期費用の中に有料テーマも考えた方がいいかと思いました。

有料テーマで有名なものだと、公式フォーラムなどを用意していますし、テーマのアップデートもしっかり行なっているので、安心して使うことができると思います。

WordPressの有料・無料テーマを選ぶ

自分がどういう用途で使うのか照らし合わせて、他のサービスと比較検討することをおすすめ!

ファズ
ファズ

こんな感じかな。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました