初心者の為のWEB開発

【簡単プラグインの入れ方】ワードプレスを機能拡張するメリットと注意点

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

WorddPress 「プラグインの入れ方」 初心者の為のWEB開発
ファズ
ファズ

Hello!ファズです

ワードプレスを入れたんだけど…みんな言ってる「プラグイン」ってどうやって入れるの?

今回はこんな疑問を持った初心者さんへ向けてお答え!

ぼくも身近な人に最近聞かれてやったらわかるんじゃない?って答えちゃったんですが、今思うと、確かに全くPCを触らない人からすると、見たことのない画面ばかりで不安になるんだろーなーって思って反省。

そこで代わりにこの記事を読んでくれる方には丁寧に教えていこうと思います!

結論

  • ワードプレスの管理画面から探してインストール
  • ワードプレス管理画面からファイルをアップロード
  • FTPツールを使った入れ方

この3つのやり方があります。

初心者さんにはワードプレス管理画面から探してインストールする入れ方がおすすめ!

詳しく画像付きで教えますので、ワードプレスを導入したばかりの方は是非参考にして、必要なプラグインを導入してみてください。

ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする
wordpressのおすすめテーマ
WordPressのテーマ選びでお悩みの方必見!

【初心者におすすめの記事】

◆おすすめ有料テーマが知りたい
◆「集客」や「収益」をあげたい
◆テーマを選ぶポイントが知りたい
◆初心者でも使いやすいテーマが知りたい

プラグインの入れ方:管理画面から導入する

はじめに述べたように、ワードプレスの管理画面から入れる

  • ワードプレスの管理画面から探してインストール
  • ワードプレス管理画面からファイルをアップロード

この2つの方法があります。

管理画面から公式プラグインの入れ方

①番簡単なやり方である、公式プラグインの入れ方手順。

ボタンを押していくだけなので基本的に難しいことはないと思います。

  • ステップ①
    ワードプレス管理画面を開く
  • ステップ②
    左のメニューからプラグイン項目を選択
  • ステップ③
    プラグインの一覧がでるので画面上にある「新規プラグインを追加」を選択
  • ステップ④
    公式プラグインの一覧が表示されるので、検索窓で検索して「今すぐインストール」を選択

    公式プラグインの一覧が表示されるので、任意のプラグインを検索して「今スグインストール」を押してください。

  • ステップ④
    インストールしたら「有効化」して完了!

以上が初心者へおすすめする超簡単なプラグインの入れ方です。

特別気を付ける点などもありませんが、実際にインストールと有効化できているか、念のため最後には確認して置いた方がいいですね。

ぼくはよくインストールした気になって、インストール画面で帰るっていう謎行動を起こし、後で「プラグインどこ!?」みたいな阿保行動してしまう(笑)

メニューにあるプラグインにカーソルを合わせたら項目が出ると思うので、「インストール済みプラグイン」を選べば一覧で確認できます。

有効化していたら「有効化する」ボタンがなく「無効化」のみが表示されます。

ダウンロードしたプラグインの入れ方

ちょっとややこしいんですが、ワードプレスのプラグインは公式だけにあるものが全てではなく、一般サイト内で配布されているケースがあります。

その場合、サイト上から1度ダウンロードし、ファイルをアップロードする必要があります。

入れ方の手順は公式のインストールする方法とほぼ一緒。

ただ、インストール段階だけ違うので初心者の方は要チェック!

  • ステップ①
    ワードプレス管理画面を開く

  • ステップ②
    左のメニューからプラグイン項目を選択
  • ステップ③
    プラグインの一覧がでるので画面上にある「新規プラグインを追加」を選択
  • ステップ④
    画面上にある「プラグインのアップロード」を選択
  • ステップ④
    ファイルを選択したら「今すぐインストール」を選択して完了!

    アップするファイルはフォルダごとZIP化されているもの。

    ダウンロードされた状態のものであれば、そのままアップして大丈夫です。

プラグインの入れ方:FTPツール

ここからは中級者におすすめする方法。

FTPツールを開いていたり、何らかの要因で手を加える、削除する場合はこの方法を使います。

初心者さんは基本的にこのやり方は必要ありませんが、一応記載していきます。

  • ステップ①
    サーバ、またはローカルのワードプレスデータを開きます。
  • ステップ②
    「wp-content」内にある「plugins」を開く
  • ステップ③
    手持ちの解凍済みプラグインをフォルダごと入れる

    表示されている場所はプラグインの一覧が表示されている場所。

    そこのフォルダに直接入れ込むのでZIP化は不要です。

  • ステップ④
    管理画面から状態を確認して完了!

    管理画面のプラグイン一覧から確認、「有効化」されていなければ「有効化」してOKです。

    エラーが出ている場合、

    • 『プラグインに欠陥がある』
    • 『プラグインバージョンが古い』
    • 『プラグインとテーマの相性が悪い』

    などが考えられますので、一度バージョンチェックをしてみるといいと思います。

プラグインの探し方

友達からおすすめされていたり、知名度のある方がおすすめしているプラグインがあるかもしれません。

しかし、中には公式にはないプラグインがあり、ワードプレス内からはインストールできないかも・・・そこで初心者さんにも探し方を教えます。

ズバリっ・・「ググる」です!!!

・・・いや、当たり前だろって思うかもしれませんが、最初わからない人って、管理画面の中で意地でも探そうとする人結構いるんですよ(笑)

ワードプレスのメジャーなプラグインって、ほとんど公式から配布されてますが、急にそこにない物を言われると「どこにあるの?」ってなるみたいで。

出所不明なプラグインはワードプレス公式ではなく、大体プラグインを配布している会社なり団体のサイト内で配布しているんですよね。

なのでググると見つかります!

プラグインを入れる注意点

初心者さんがプラグインを導入するにあたり、少しだけ注意点。

プラグインの相性を気を付ける

プラグインには相性が関係するケースがあります!

プラグインは簡単にワードプレスの機能を拡張することができ、自分のサイトの機能性を高めることができます。

一方でプラグインが便利だからとむやみに入れてしまった場合、サイトの動作不良や読み込み速度の劇的な低下。

最悪、相性が悪いプラグインがあると不具合を起こす可能性もあります。

プラグインは必要最低限にしぼった運用、多くても10個以内にしておくことをおすすめします。

ワードプレスのデフォルトテーマを初心者が使ってしまうと、使えるプラグインはほぼ入っておらず、デザインもダサい。

目的にもよりますが、全く触ったことがない方は有料テーマ使うのを推奨します。

使う目的に最適なテーマを選べば必要な機能は大体入ってますし、専用に制作されたテーマであれば特化した機能も期待できますしね。

プラグインのアップデートは必ず行なう

プラグインに限らずテーマも同様ですが、更新通知が来たら放置せずに必ず「アップデート」するようにしてください!

放置しておくとセキュリティの脆弱性を疲れて乗っ取られる可能性もゼロではありません。

すぐに更新したくないという方は、最低限更新内容を確認するようにするのを推奨します。


【更新方法】

ダッシュボードを確認し、赤枠のように更新通知の有無を確認。

赤枠① or 赤枠②を選択します。

【①の場合】更新できるテーマやプラグインにチェックを入れ「プラグインを更新」ボタンをおします。

①の更新方法では一括更新ができます。

【②の場合】利用通知文言が表示されるので「更新」をクリックして更新できます。

②の場合は一括更新はできません。

ワードプレス:プラグインの入れ方まとめ

以上、初心者に向けた「プラグインの入れ方」について書いてきました。


  • プラグインの入れ方は管理画面とFTPの2つのやり方がある
  • 管理画面から入れるやり方はさらに2つ
  • 初心者はFTPツールは使わない
  • プラグインはワードプレス公式かgoogleで検索する
  • 便利だからとたくさん入れすぎない

まとめるとこんな感じ!

初心者にもわかりやすいよう書いたつもりだけど・・・わかりにくかったらごめんよ。

ファズ
ファズ

今回はこんな感じ!

ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました