初心者の為のWEB開発

ダントツ!無料なのにおしゃれ!?ワードプレステーマ「Emanon」

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

無料で使えるおしゃれなテーマ「Emanon」 初心者の為のWEB開発
ファズ
ファズ

Hello!ファズです

これからブログ、または会社用のWEBサイトをワードプレスで作ろうと思うんだけど・・・できるなら無料テーマを使いたい!何かおすすめの無料テーマはある?

今回はこんなワードプレス初心者さんに向けた記事なんですが、前のめりで言わせてください。

ちょうどいいのがあります!!!それが「Emanon」。

できれば有料版で使って欲しいので有料版の内容も含めますが、無料版でもおしゃれで高機能ですし、シンプルなデザインとサイズ感、そして余白を持った余裕のあるデザインはかなりおしゃれだと思います!

無料テーマと言えばどのサイトでもCocoonを挙げていると思います。それは間違いないと同意しますが、基本的にCocoonを含めた無料テーマはデザイン面が結構アレな感じなのが特徴。

しかし、Emanonはデフォルトで見た目がシンプルに配置が洗練され、色使いからモダンな印象を与えるデザイン。

本記事では、

  • Emanonについて
  • 無料版と有料版それぞれでできること
  • Emanonを使うメリット・デメリット

などをまとめていきたいと思います。

Emanonがどんなテーマで何がいいのか?
これからワードプレスを運用していきたい方や、テーマを変更してみたい方などの参考になれば幸いです!

ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする
wordpressのおすすめテーマ
WordPressのテーマ選びでお悩みの方必見!

【初心者におすすめの記事】

◆おすすめ有料テーマが知りたい
◆「集客」や「収益」をあげたい
◆テーマを選ぶポイントが知りたい
◆初心者でも使いやすいテーマが知りたい

Emanonとは?

まずは簡単にワードプレステーマ「Emanon」についての情報をまとめていきます!

ワードプレステーマ「Emanon」
開発・運営会社株式会社イノ・コード
テーマの種類【Emanon Free】
【Emanon Pro】
【Emanon Business】
【Emanon Premium】
専用プラグイン【Emanon Blocks】
【コピーライト編集】
特徴・シンプルなデザイン
・各パーツがおしゃれ
・見やすい

ワードプレステーマ「Emanon」は主に4つのプランから選択して利用できるテーマ。

無料で使える「Emanon Free」でも知識や、自分でカスタムを勉強できる方は十分に活用することができますし、基本的なゴール設定の機能(アフィリエイトや資料請求など)といったものは無料版でも使えます。

「Emanon」2つの専用プラグインについて

Emanonには以下基本的な2つの専用プラグインが用意されています。

  • Emanon Blocks
  • コピーライト編集

この2つのプラグインは下記3つのプランの場合に適用できます。

  • Emanon Free
  • Emanon Pro
  • Emanon Business

「Emanon Premium」には専用の「Emanon Premium Blocks」が同封されているのでそちらを使用。

【Emanon Blocks】

メリット
デメリット
  • ブロックエディタを拡張して記事の装飾幅を広げることが可能
  • テーマのプランとは別に別途購入が必要

Emanon Blocks」はEmanonシリーズに使うブロックエディタの拡張プラグイン。

インストールすることでブロックエディタが使える装飾機能を充実させることができます。逆にインストールしない場合は基本的なブロックエディタの機能だけでコンテンツを作っていくことになります。

販売価格(税込)3,680円
納品物プラグイン「Emanon Blocks」zipファイル
動作環境WordPress ver 6.4以上
PHP ver 7.4以上
備考Emanonテーマで動作。
※他テーマでも使用できるがCSSのデザインが崩れる可能性あり。
決済方法クレジットカード
PayPal
銀行振込
ライセンス100%GPL

【コピーライト編集】

メリット
デメリット
  • コピーライトに記載された「Powered by Emanon」を消すことができる
  • 費用がかかる

プラグイン「コピーライト編集」はシンプルにコピーライトを消すためのプラグイン。

ちょっとセコイと言われそうですが、ワードプレステーマってこういう所でマネタイズしているの結構あるので、ぼくは見慣れてます(笑)

ただし!
可能であれば自身で表示にする対応は可能と公式サイトで名言されているので、できる方は消しちゃってOK!↓

当プラグインを購入しなくても、EmanonテーマのPHPファイルから該当箇所をご自身で編集する行為は、ライセンス上問題ありません。なおPHPファイルの改変に関するサポートの要請は有料サポート(前金:銀行決済)となります。

出展元:株式会社イノ・コード

【考えられる対応例】

  • cssで非表示にしてテンプレートファイルにオリジナルを記述する
  • 子テーマでファイルを作成して非表示にする。
販売価格(税込)980円
納品物WordPressプラグイン Emanon footer powered delete zipファイル
動作環境WordPress ver 6.4以上
PHP ver 7.4以上
対応ブラウザChrome/Firefox/Safari/Edge
決済方法クレジットカード
PayPal
銀行振込
ライセンス100%GPL

「Emanon」4つのプランを比較

4つのプランを一覧に記すので、自身の使いたい機能や、用途などに当てはめてみるのをおすすめ!

プランの比較Emanon PremiumEmanon BusinessEmanon ProEmanon Free
価格27,800円12,800円9,800円0円
おすすめ用途ビジネスサイト
オウンドメディア
ビジネスサイトオウンドメディアブログ
おすすめ度5.04.54.54.0
デザインレイアウト・ヘッダーレイアウト
・コピーライトレイアウト
・サイバーレイアウト
・サイドバー幅指定
・記事一覧レイアウト
・アイキャッチレイアウト
・固定ページタイトルデザイン
・1カラムページ幅指定
・ページ本文幅指定
・ヘッダーレイアウト
・サイバーレイアウト
・サイドバー幅指定
・記事一覧レイアウト
・アイキャッチレイアウト
・1カラムページ幅指定
・ページ本文幅指定
・ヘッダーレイアウト
・サイバーレイアウト
・サイドバー幅指定
・記事一覧レイアウト
・アイキャッチレイアウト
・1カラムページ幅指定
・ページ本文幅指定
・ヘッダーレイアウト
・サイバーレイアウト
・サイドバー幅指定
・記事一覧レイアウト
・アイキャッチレイアウト
・1カラムページ幅指定
・ページ本文幅指定
フロントページデザインブロック・ウィジェットで柔軟にデザインセクションデザイン
(並び替えも可)
記事一覧のみ記事一覧のみ
ブロックエディタ対応
独自ブロック[同封]
Emanon Premium Blocks
[別売]
Emanon Blocks
[別売]
Emanon Blocks
[別売]
Emanon Blocks
LP作成機能5種類・デザイン固定
・1ページのみ
・デザイン固定
・1ページのみ
×
目次機能
多言語対応×××
ライセンス100%GPL100%GPL100%GPL100%GPL
決済方法クレジットカード
PayPal
銀行振込
クレジットカード
PayPal
銀行振込
クレジットカード
PayPal
銀行振込
クレジットカード
PayPal
銀行振込

こうしてみると、ビジネス運用するなら最上位タイプの「Emanon Premium」が飛びぬけて有用ですね。

個人利用や、とりあえずコーポレートサイトが欲しい方は「Emanon Free」や「Emanon Pro」でも事足りると思いますが、しっかりサイトを運用・活用していきたい方には「Emanon Premium」をおすすめ!

価格のネックはあると思いますが、ワードプレステーマとしては高額でも、WEB制作会社やココナラなどで外注するよりずっと初期費用を抑えることができます!

下記ではプランそれぞれの「強み」や「弱み」をまとめますね。

【Emanon Free(無料版)】

強み
弱み
  • 無料で使える「Emanon」
  • フロントページは記事一覧しか設定できない

無料テーマを使うなら個人的にダントツにおすすめ!

【強み】

何と言っても無料で使えることが最大のメリット!他のプランとの比較をしてしまうと強みとしてはそこしかありませんが、他無料テーマと比較すると、

  • デザイン性
  • 機能性
  • 使いやすさ

上記3つの点で、無料テーマとしてはかなり評価が高いと言って良いと思います。

【弱点】

弱点としてはAmazonアフィリエイトや楽天アフィリエイトなどのAPI設定ができません。その辺はプラグイン「ポチップ」や「Rinker」などがあるので導入して補えますね!

【Emanon Pro】

強み
弱み
  • LPページが1つ作成可能
  • CTAを5つ設定可能
  • ファーストビューを6種類作成できる
  • ワードプレステーマとしては価格は控えめ
  • フロントページは記事一覧しか設定できない

【強み】

Emanon Pro版からはLP(ランディングページ)から使用できるようになるので、コーポレートサイトを運用しながら自社商品のPRページなどを作成できます。
※ただし、作れるページは1ページのみに限定。

また、Emanon Proはオウンドメディアとしての運用も推奨されており、企業サイトとして運用もできるのはもちろん、自身のプロフィールページなどを作りブランディングをしながら運用もできます。
ファーストビューの種類も6種あり多彩な表現か可能。

ワードプレステーマとしては安いので、初期費用を抑えたい方におすすめ!

【弱点】

Emanon Free同様、フロントページが「一覧表示」のみとなっています。もし変更したい場合は自分でフロントページを作って適用させるなど工夫が必要。


【Emanon Business】

強み
弱み
  • フロントデザインのセクション配置などが可能
  • Emanon Proより若干高くなる

基本的には「Emanon Pro」と同じですが、一点だけ「フロントデザイン」の変更ができる点があります!

【強み】

投稿記事の一覧表示は、デザインがそっけなく感じる方もいますし、「読ませる」に特化したレイアウト。セクションデザインや配置の入れ替えなど「オリジナリティのある独自のデザイン」を作ることができます。

【弱点】

弱点としては価格が若干高くなること。
表示の仕方に幅を持たせたい方は購入時に検討するポイント。

【Emanon Premium】

ビジネスサイトやオウンドメディア両方の役割を持たせることができる最上プラン!

強み
弱み
  • ビジネスサイトやオウンドメディア両方の役割
  • 「Emanon Premium Blocks」という独自の高機能ブロック同封
  • LPを複数作ることができる
  • CTA設置パターンも柔軟
  • 多言語サイト対応
  • デザインの柔軟性が高い
  • 初期費用が高い

【強み】

ビジネスサイトにオウンドメディアを足した運用ができるのに加え、「Emanon Business」までは「Emanon Blocks」プラグインを使用していましたが、より高機能の「Emanon Premium Blocks」が付属します。

フロントページデザインの柔軟性に加え、独自ブロックによる記事ページの柔軟性もかなり高い。

1つしか作成できなかったLP作成やCTAパターンも複数作成。目玉としては多言語化にも対応しているので、海外ユーザーに向けた運用も可能!

【弱点】

弱点らしい弱点は特にありませんが初期費用ですね。

「Emanon Business」よりも倍以上費用がかかってしまいます。

ただ、先述した通りワードプレステーマとしては高いと思いますが、WEB制作会社に制作依頼して作成してもらうよりかなり良心的ですし、購入後の運用難しくないのが何より強い!

「Emanon Free」は自分でカスタムできる方におすすめ!

【「Emanon Free」こんな方におすすめ】

  • 初期費用がなくて抑えたい
  • ある程度ワードプレスの知識がある
  • 最低限見栄えが整っていればOK

↑上記どれかを満たせる方に「Emanon Free」は最適。

「Emanon Free」に限らず、ほとんどの無料テーマに該当することですが、

ワードプレスの無料テーマは基本的にある程度知識がある方向け!その中でも比較的「Emanon Free」は手を加える必要がないくらいデザインがおしゃれなのが強み。

しかし、もしブログで運用する場合、ブロックエディタをデフォルトの状態で使うことになります。・・・正直、ブロックエディタをデフォルトのまま使うと、装飾機能がすくないので高い文章力が求められますし、強調したい箇所などの良く見る赤線やラインができません。

上記で紹介した「Emanon Blocks」はそのための専用拡張プラグイン!

もし「Emanon Free」を選ぶ場合は、最低限「Emanon Blocks」の導入はおすすめしたいですね。

もし文章力に絶大の自信がある方ならそのまま使用しても問題ないと思うので、挑戦してみるのもあり!

ワードプレステーマに「Emanon」を選ぶメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • アイコン一覧が用意されており、ブロックにクラスを付与して自由に使える
  • CTAのクリック率を計測できる機能がある
  • ウィジェットによる細か位置への広告設置が可能
  • ChatGPTによるクロールを回避できる機能がある
  • 無料で使えるプランでも、独自ブロックを追加しないと記事装飾が弱い
  • 最高プランはややコストがかかる

メリットとデメリットを簡単にまとめるとこんな感じ。

よくわからないと思うので下記で詳細を解説!

「Emanon」を選ぶ④つのメリット

【メリット①】テーマ内にブロックで使えるアイコンがある

ワードプレステーマ「Emanon」にはおしゃれなアイコンがあり、cssの「クラス」をブロックに指定することで表示させることができます。

しかも!色もカラーコードを入力して変更可能。

おしゃれさを自分で変更できるので、際立たせたいブロックを魅力的に、且つ目立たせるワンポイント入れることができます。

Emanonで使えるアイコンコード一覧

【メリット②】CTAのクリック率を計測できる機能がある

ワードプレステーマ「Emanon」はおしゃれだけでなく、なんと「クリック率が計測できる機能」が実装されています。

1種類に限定されますが、クリック率の測定からABテストもできるので、コンバージョン率を高める施策ができるのはマジで貴重。

CTA計測画面

【メリット③】ウィジェットによる細か位置への広告設置が可能

ウィジェットによる広告の配置が割と細かく設定できるので、適切な箇所を指定しやすい。

Emanonのウィジェット画面

【メリット④】ChatGPTによるクロールを回避できる機能がある

「GPTBotのクロールを拒否」する機能を実装。

自身で作成したオリジナルコンテンツをGPTBotのクロールをブロックし、勝手に利用されるのを防ぐ機能ですね!

独自のコンテンツを保護できるという意味でかなり嬉しい!!

Emanonに実装されたChatGPTBotのブロック設定画面

「Emanon」を選ぶ②つのデメリット

【メリット①】独自ブロックを追加しないと記事装飾が弱い

Emanonシリーズ4つの内、最高峰の「Emanon Premium」以外だとブロックエディタはデフォルトの状態。

「専用の独自ブロック」を使うか、配布されている「カスタムブロック」を使うなどの対応をしないと、記事が結構寂しくなってしまう可能性が高い。

この辺、特にブロガーだと読者の興味、目線などを引くのに欠かせないポイント。

とはいえ「専用の独自ブロック」は有料なので、無料の「Emanon Free」を使用するにしても、合わせて使うなら4000円程度費用がかかると思ってください・・・。

すみません!
テーマ自体は無料なのにおしゃれで高機能ということで、どうしても紹介したかったんですが、実質少しコストはかかってしまいます。

【メリット②】最高プランはややコストがかかる

「Emanon Pro」や「Emanon Business」まではワードプレステーマとしては比較的安め。

ただし、フルスペックの「Emanon」を体験したい方は「Emanon Premium」を選択してほしいんですが、これが高い高い(笑)

よく購入・使われているテーマとしては結構コストがかかるのでガチで運用に力入れたい方にのみ推奨。

おしゃれな無料ワードプレステーマ「Emanon」【まとめ】

以上ワードプレステーマ「Emanon」についてまとめてきました。

ぼくは割と最近Emanonを知ったので、サイト自体は「Cocoon」を使っていますが、正直「Emanon Free」を使えば良かったとマジで思っちゃいました!

【まとめ】

  • 「Emanon」シリーズは全部で4種
  • 無料版「Emanon Free」でも機能性は十分
  • 専用に2つのプラグインが用意されている
  • アイコンリストやChatGPTbotのブロック機能がある
  • ブロックエディタはノンカスタムなので専用プラグインの利用を推奨
  • 無料テーマとしてはめっちゃおすすめ

まとめるとこんな感じ!

ブロックエディタは先述した通りカスタムが全くされていないので、専用プラグインを購入するか独自に配布されているプラグインの利用が必須。

ぼくとしては、しっかり運用していきたい初心者の方にはそもそも「無料テーマ」はおすすめしませんが強いておすすめするなら「Emanon」を是非使って欲しいと思い、今回紹介させてもらいました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました