インドア趣味

【からくりサーカス】なんで知らない!?読んだ方がいいマンガの金字塔!

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

KARAKURI CIRCUS インドア趣味
ファズ
ファズ

Hello!ファズです。

おもしろいマンガを探しているけど、何かいい作品ないかな

こんな方に向けて、ぼくがおすすめする読んだ方がいいマンガを紹介します。

めちゃくちゃおもしろく、感慨深い作品『からくりサーカス』です!

このマンガ、どういう作品か簡単にいうと

二人の兄弟が一人の女性を愛する200年越しのイカれたラブストーリーで、群像劇

です!

タイトルから全くわからないって?

大丈夫!内容はちゃんとしたダークファンタジーで、少年漫画寄りのアクションマンガです!!(笑)

ただ、連載当時中学生だったんですが、お子様にはわからない奥深さがある作品だと改めて感じました。

ぼくはマンガが好きなんですが、今のところストーリーが他のどのマンガよりも作りこまれていて圧倒的にクオリティが高いです

ファズ
ファズ

藤田日和郎先生の独特で感情溢れるキャラクターの表情も非常に記憶に残って印象的

そんなからくりサーカスを評価や良さ、読む方に注目してほしいポイントなどを合わせて紹介していきます。

ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする

気になる作品評価

ピエロの扮装をした男性のイラスト

『おもしろい!』
『ストーリーが良すぎた』
『引き込まれます』

まずは気になる作品評価ですが、大体おもしろいで着地しているようですね。

ただ、中にはネガティブな意見もあるようでした。

ポジティブな意見とネガティブな意見になる要因をまとめます。

以下参考を踏まえつつ、ぼくは読んだ方がいいマンガとして『からくりサーカス』をマジでおすすめっ!

いい評価になる要因

ポジティブな意見になる要因は以下が多いですね。

  • ストーリーの奥行きがすごい
  • 魅力的なキャラクターが多い
  • 伏線や後に続くストーリーの設計がいい
  • 複数場面の同時展開がすごい
  • 世界観が広い

概ね同意見!

というかおっしゃる通り!!

マジでストーリー作りに全力を感じるんですよね。

よくない評価の要因

中には『読めない』という意見がありました。

この評価には大きく2つの要因が考えられます。

  • 文字が多め
  • 絵に特徴があり、苦手な人がいる
要因①

文字が多く、読むのが大変と感じる人が、間を開けて読むことで内容についていけなくなるのかなと思いました。

ストーリーが重厚であり、伏線や後に繋がる場面も覚えておくことがなかなか難度が高いのかもしれませんね・・・もったいないっ!!(笑)

要因②

そして画力!!

印象強い独特の画力と巧さが、逆に見づらく暗い作品に見せてしまっているかもしれません。

藤田日和郎先生の作品には、時たま現れる事象なんで、どうしようもない・・・。

実際、ぼくも子供の頃、別作品の『うしおととら』を読むまでちょっと手に取りづらかったのを今でも覚えています。

ジ⚫︎ジョが苦手な人と同じ理由ですね。

作品情報

ピエロの扮装をした男の子のイラスト

作者情報

作者藤田和日郎
作品からくりサーカス
連載時期1997〜2006年
媒体週間サンデー

藤田和日郎先生の作品は少し難しい題材や妖怪的なのが多いので、ダークファンタジーが好きな人は一度読んだ方がいいマンガがあるかもしれません。

作品概要

からくりサーカスを簡単にまとめるのは大変だけど、ネタばれなしでざっくり概要をまとめます。

主人公は『才賀勝』、『加藤鳴海』、『しろがね』の3人。

才賀勝は死んだ父親から莫大な遺産を受け継ぐことをキッカケに腹違いの兄弟や叔父から狙われることになってしまう。

一方、加藤鳴海は『ゾナハ病』という、他人を笑わせることができなければ苦しくなるという奇病にかかってしまった青年。

狙われた勝は、逃亡中に鳴海が助けに入ることから行動を共にし、そこへ勝を守る使命を持った『しろがね』が現れる。

この3人の物語が、物語序盤で分岐し『からくり編』と『サーカス編』に分かれて展開し進展ていく群像劇。

謎の奇病『ゾナハ病』、そしてしろがね。

次々出てくる『殺し屋』に『自動人形(オートマータ)』など、物語が進むにつれて紐解かれていく謎の数々。

そしてキーワード『アクアウイタエ』

主軸を一つ置き、登場するキャラクターたちの様々なバックグラウンドがこの軸に絡まり合う様は、まさにサーカス劇!!

分岐ストーリー

複数人の男女のイラスト

概要でも話したように物語は序盤で一度『サーカス編』・『からくり編』とに分岐し、その後交差して最終局面へ向かっていく流れ。

もし、一巻を見てつまんないと感じた方へ一言!

結構長いですが分岐後からが本編です!!

正直分岐前はふーん、ぐらいのテンションが続き、目立つのはマリオネットぐらいのものでしょう。

ですが、分岐後は

なぜそもそもマリオネットが存在しているのか?

ゾナハ病とはそもそもなんなのか?

個人的に、それぞれの物語が進み、一度交差するタイミングまでは読んで欲しいですね!

えっ?交差するタイミングですか?

読み進めたらわかります!それぐらいわかりやすいです!!(笑)

  • サーカス編
  • からくり編

才賀勝としろがねを主軸にしたストーリーで、勝としろがね両者の出会いと別れ、そして成長を主に描くストーリー。

『からくり編』と比べ比較的アクションの規模は小さくなりますが、マリオネットや殺し屋など様々な窮地を仲間と乗り越えていく感じです。

感じたテーマは『成長』でしょうか。

勝たちと離れた加藤鳴海を主軸に置いたストーリー。

ここでは奇病ゾナハ病や自動人形(オートマータ)など、物語の軸に最も近いストーリーに触れていき真実を見据えていく物語。

二人と離れた後の鳴海の葛藤や心情など藤田和日郎の表現力も相まって悲しい展開も・・・。

ちなみに分岐後、話の最初にあるタイトルにたまに右上か左上に矢印があると思います!

からくりサーカスと矢印

こんな感じ!

これは、『サーカス編』か『からくり編』のはじまりをを示しているので、どこを読んでいるかわかりやすいと思います。

この演出などもぼくが読んだ方がいいマンガとおすすめできる理由!

なんかおしゃれなんですよねー。

気にして欲しいキーワード

男女の集合写真のイラスト

からくりサーカスにはいくつか重要となるキーワードがあります。

物語が深く長すぎるので、このキーワードを押さえておくと主軸に近い重要なストーリーを忘れずに読めると思います。

それがこちら!

キーワード

  • フランシーヌ
  • アクア・ウイタエ
  • マリオネット
  • オートマータ
  • しろがね

すでに説明に何度か出してるワードもチラホラあると思いますが、序盤にはあまりでてこないワードもいくつか。

からくりサーカスは中盤になって一気に物語の厚みが増すんですが、これらのワードの内容を覚えておけば、サイドストーリー的なキャラクターたちのバックグラウンドを忘れてしまっても大丈夫っ!!

ファズ
ファズ

たぶんっ!(笑)

注目してほしいポイント!

マサルと三体のマリオネット

注目してほしい箇所をいうと、ストーリーとか3人の成長とか色々あるんですが、ズバリ!!

『ピエロ』と『フィナーレ』

です。

実はこのピエロ、マンガの中でたびたび登場するただのナレーション役かと思いきや、本作中にもちょっとだけ絡みがあります。

ナレーション役としても、からくり編やサーカス編の切り替わりを教えてくれるので、注目すると物語の動きがわかりやすくなると思います!

そしてフィナーレ!!

言葉通り最後の演出ですねっ。

からくりサーカスは週間サンデーで連載していて、当時ぼくも読んでいたんですが、最後の演出はちょっと記憶にありませんでした。

もしかするとコミック仕様だったのかな?

とにかく、ピエロがリードする『観客』と『フィナーレ』の演出はマンガでは新しいなと思ったのでチェックしてみてください

マジで読んだ方がいいマンガですよ。

ファズ
ファズ

おぉ!!

ってなるよ・・きっとw

お察ししそうな方は思考を止めて読み進めてねっ!!(笑)

アニメを見た方へ

からくりサーカスは2018年にアニメ化されましたねっ!

アニメを楽しく見れたという方も多く、中にはからくりファンの人で動いてるだけで感動などSNSでも拝見しました。

アニメ化の感想もちょっと書いていこうと思います。

主題歌

まずは主題歌なんですが、初期OPがバンプオブチキンだったんですよね・・・ぼくめっちゃ好きで感動しました!

月虹は今でもよく聞いてる曲の一つ。まじ名曲。

エンディングに使われたロザリーナのマリオネットも雰囲気出ててよかったです。

いや、音楽センスないから良かったしか言えないんですけど、ほんとに今だに聞いてるから名曲だと思ってますよ?まじでまじで。

そして聞いてほしい

アニメで初めてからくりサーカスを目にした人へ。

こんなもんじゃないんです!!!

ぼくもアニメ見ましたが、作成スケジュールの都合上どうしてもカットしなければいけない所が多く、正直微妙でした!!

  • キャラクターの温度感と展開速度が合ってない
  • 個人的に鳴海の声が合ってない
  • 端折りすぎてマンガで泣いたシーンもスンッてなった

まじでこんな感じ!

見た人の中には、楽しめたという人ももちろんいたんですが、からくりサーカスであるなら!・・2018年であるなら!

もっとクオリティ重視作ってほしかった・・・。

この感想につきます。

鳴海の声も、設定を本当に見ているのか・・19歳の声じゃないのよっ!!

セリフも多いからうるさいうるさい(’△’)・・完全にキャストミスでしょ。

ちょっと話それてしまいそうなんで、とりあえず!

アニメを見て楽しめた人は是非マンガのからくりサーカスを!!

両方見てみたいと思った人はアニメからがおすすめかな。

どちらも話のテンポや奥行きが全然違うので楽しめると思います。

特にマンガは詐欺にあったと思ってマジで読んでほしい。

からくりサーカスまとめ

『才賀勝』、『加藤鳴海』、『しろがね』。

この3人の主人公以外にも『ギイ』や『ルシール』など魅力的なキャラクターがたくさんでるので、推しが一人は見つかるはず!

ちなみにぼくは『パンタローネ』が好きなんですよねぇ。

誰かって?

秘密です(笑)

どうでしょうか?

ネタバレしないようにちゃんと説明できていればいいのですが・・・。

ぼくの大好きなマンガ!

しつこいですが、ほんとにほんとーに読んが方がいいマンガとしておすすめっ!

これを機に少しでも興味を持って手に取ってもらえてたら嬉しいです。

ちなみにぼくは完全版で全て買い集めて保管してます!

読む用でもうワンセット欲しいところ・・・あ、ぼくもキンドルで買えばいいのか(笑)

ファズ
ファズ

おわりっ!

ありがとうございましたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました