インドア趣味

【改造編】HG ガンダムスローネ ツヴァイに命を吹き込む!

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

GUNPLA改造01 HG スローネ ツヴァイ編 インドア趣味
ファズ
ファズ

さっそくですが、本記事は機動戦士ガンダム00(ダブルオー)好きな筆者が初めてガンプラのフル改造に挑戦した内容。

00の中でもトップクラスに好きな機体!・・・なんですが、レビューでも書いた通り旧キットに分類してもいいレベルで作りが酷い。

造形良くて数年ぶりにまた組み立てたんですが、やはりぼくの好きなツヴァイはそこにはいませんでした(笑)

ということで、首以外の関節や腕部腕の内部パーツに至るまでフル改造しました。(途中)

同じようにスローネ ツヴァイに手を加えようと思っている初心者さんの参考になればと思い工程を残すので是非参考にご覧ください。

関連記事
ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする
トレカ・ガンプラ・ゲーム・ブックス買うなら!

【こんな方におすすめ】
◆ガンプラなど掘り出し物を見つけたい
◆汚れ・キズが多少あっても大丈夫
◆プレイ用トレカをまとめて買いたい
◆ちょっと大人なフィギュアを探している

HG ガンダムスローネ ツヴァイ【改造の流れ】

ぼくはスローネ ツヴァイが大好きなんですが、正直数年経って買い直してもやはり納得できる出来ではありませんでした。

組み立てた時は良いんですが、可動域やプロポーションが求めているツヴァイではなくかっこよく飾れない!!!!

でね・・・先日「GUNSTA」を見ててツヴァイに可動域を設けた改造をしている方がいたので「ぼくも挑戦しよう!」ってことで改造をはじめました(笑)

改造は初めてでしたし、切り取る作業などもあって失敗したらオシャカの不安もありました・・がっ!概ね順調に進んでいます。

途中経過を載せていきますねー。

素体の選定

【準備するもの】

  • HG スローネ ツヴァイ
  • HG ミキシングに使うガンプラ
  • コトブキヤの「メカサプライ05 ジョイントセットA」

コトブキヤのジョイントはなんとなーく使えそうだから買っといたやつ。良い感じに活躍しました。

最初はパーツ切るとか考えてなくて、ベースのキットに外装を取り付けていけばできるかなとか思ってた。

↑画像左最新フォーマットの「シュバルゼッテ」か画像右可動域の広い「ガンダムヴィダール」で悩んでいました。

えー・・・結論をいうと、どちらも使っていません!(え?)

GUNSTAでツヴァイ改造してた方がHGCEのデスティニーを使っていたので、同じフォーマットなら再現できるかと思いHGCE インフィニットジャスティスを使いました(笑)

インフィニットジャスティスも傑作と言っていいほど作りは良いので、いけるだろうと!

インフィニットジャスティスのレビュー記事はコチラ↓

【HGの傑作】おすすめガンプラ!インフィニットジャスティスレビュー

5月13日開始!【関節制作】

インフィニットジャスティスを素体として使おうと思ったんですが、構造上サイズ的に無理がでて造形が変わりすぎることが予想できたため、「差し替えパーツ」として利用することにしました。

さっそく肩関節の制作をしちゃってますが、この時点ではインフィニットジャスティスは使用していませんね。

胴体と繋がっていた肩では可動ができないので、ニッパーで少しずつ丁寧に切り落としました!

勢いよくやると一気に白化や割れそうになると思って注意したポイント。

内部には余剰パーツのポリキャップを仕込み、コトブキヤのジョイントパーツと3mmランナーを切って加工・繋げて軸接続。

こんな感じで動かせるようになってます!可動基部は胴体付け根で前後上下に可動。

ショルダーアーマ側の関節も上下可動するので、真上まで腕あがります。

内部はシンプルで、余ったポリキャップをフィットするように削って仮組。

これで決定ならあとでパテとか接着使って固定予定。

便利すぎるタミヤの高密度エポキシパテの簡単な使い方ステップを紹介

腕部からインフィニットジャスティスのパーツを使用。

左が元の腕で右が差し替えたやつ。

装甲はもちろんシンデレラフィットなんかしないので切断&不要ダボなどを削りに削る。

腕のパーツに突起があるので、そこは挟み込むとうまくひっかかる塩梅で!これで二重関節はOK!

・・・こんな雑な改造で大丈夫なんかな?(笑)今の所ポロリとかはありません。

胴体と腰部にジョイントパーツを挟み、繋げるためジョイントパーツのランナーから切り出した3mm軸で上下から接続。

元のツヴァイが上からギュッ!ってされてるように見えるので胴体を延長してスタイリッシュに。

腰部はインフィニットジャスティスのものを流用しているので、左右に可動ができるのに加えジョイントで前後にも大きく動きます。

腰関節どう繋げようか悩んでてamazonで使えそうなパーツ買う寸前でした(笑)

ここまで動く必要はありませんが、これでポージングの幅は一気に拡大!

ツヴァイの装甲にインフィニットジャスティスの関節パーツを埋め込み。

中央に空洞が空いてるC型タイプだったので、インジャの関節に合わせるため切断。

新しく3mm軸を中で作り関節パーツと繋げています。

・・・なんか、鉄血のガンダムフレームみたいになっちゃった(◎_◎;)w

ある程度装甲をとりつけてみると↑こんな感じ!

膝付近装甲の角度調整がまだ必要ですが、大体できたかな?あとは関節強化や取り付けたパーツを補強すれば形は完成しそう。

スタイリッシュなカッコいいツヴァイを目指したんですが・・・悪くないかも?初めてにしてはいいんじゃないでしょうか!

ファングもパテあれば作れそうなイメージあるのでやってみようかな。

とりあえず途中段階はこんな感じで、胴体の関節はちょっと検討!

もしかしたらボールジョイントの方がいいかもなのでもうちょっといじってみます。

つづく。

6月11日追記【ただいま造形中】

更新おそくてさーせん(笑)仕事の合間合間に少しずつ作業してます。

5月の追記段階では腰部に関節を増やしたんですが、アニメを見るとGNドライブの真下が可動域になっているようだったので関節の位置を変更しました!

刻んだパーツ

ボールジョイントに変更し、内部に仕込むためGNドライブ内部を↑こんな感じで切り刻みました。

最初の想定では脚部はオルフェンズの機体「ヴィダール」の腿パーツを使っていたんですが、ゴツイなと思ったのでインフィニットジャスティスの腿パーツに取り換えました。

ヴィダールの腿パーツを使った状態

本来は↑こんな感じで膝を曲げると腿アーマー展開するようにしたんですが・・・スローネはこれじゃなかった感だったのでやめました(笑)

自作したGNファング

いじってるとファングも一応作ろうと思って一体化部分を切りはずし不足部分をエポキシパテでそれっぽく造形。

エポキシパテは使い方は簡単ですが、成形がなかなか難しいですね・・。

エポキシパテの使い方が気になる方は↓チェック!

便利すぎるタミヤ高密度エポキシパテの簡単な使い方ステップを紹介

コンテナ側とファングにはネオジムを仕込んで落ちないようにしたんですが・・・いらなかったや。

ファングの尻尾部分が中で引っかかってくれるのでポロリはしません。

飛ばすエフェクトやファングのウィングに関しては、ファング自体を飛ばしてディスプレイするつもりがないので脱着さえできれば個人的に満足。

なので造形もある程度でOK(笑)

そもそも劇中とプラモのファング形状が違いすぎて、ちゃんとつくると時間足りない(´;ω;`)

自作したパーツ

肩と肘を繋ぐ軸が改造中に折れてしまったので、ランナーを加工して作成。

軸は独立させたので今後折れても簡単に取り替え可能。

穴のサイズに合わせてサテンバーニッシュで軸サイズを決めて、肩アーマーで挟み込むので緩みなどは一切ありません!保持力バッチリ。

完成形になると肩と軸は一応接着予定。

脚部の固定スラスターは取り外し、ポリキャップで上下可動するようにしました。

同時に爪先をもっと伸ばせるよう干渉部分をカットしてます。

作成したパーツで組んだスローネ ツヴァイ

現段階仮組はこんな感じで、接着剤はなるべく使いたくないので使用していません。

形はほぼ決まったので、あとは粗い造形を整えるのとフロントアーマーで隠しきれていない股関節をどうするか検討。

表面処理しつつ「スジボリ」・「面だし」・「エッジだし」・「塗装」したら完了かな。

塗装は梅雨明けてから!

何か気になる箇所あればコメントください(‘ω’)ノ

6月26日【表面処理中】

大体形はこれでいこうかなっていうのが決まったので、ディテールアップして表面処理中。

もっと正確にプラ板カットできるアイテムが重要だと思いました!

デザインナイフだと改造初心者は正確にカットしづらく曲がったりしますね。

100均のプラ板を購入して使ってみましたが、ちゃんとウェーブさんのメモリの入った板を使った方が良いと思います!

あと、買って使っていなかった「HGBC 1/144 ビルドハンズ角型」の平手パーツを付けてみました。

うん、いいんじゃなかろうか。

ハンドパーツは2024年6月29日にほぼ同じ内容のオプションパーツが販売されるので、平手が欲しい方にはおすすめ。

まだまだ粗さはあるけど、今回はこのままもう進もうと思います!

ビルドナックルズ「角」レビューを見る

次元ビルドナックルズ「角」をレビュー!ガンプラに与える躍動感!

次回塗装編へつづく。

改造前のスローネ ツヴァイレビュー記事を見て変化を比較する

コメント

タイトルとURLをコピーしました