インドア趣味

パチ組で十分!RG ダブルオークアンタ制作レビューと再販情報

※当サイトはPR(プロモーション)を含みます。

RGダブルオークアンタと箱 インドア趣味

今回はRGのガンプラ「ダブルオークアンタ」のレビュー記事を書いていきます!

造形クオリティ4.2
価格4.8
ギミック2.5
制作難易度2.5
可動域3.8
総合評価4.0

造形良し、価格良し、ギミックは少な目でしたが、その分制作難易度は低め!初心者でも作り安いRGでした。

ぼくはダブルオー作品が大好きなんですが、正直クアンタはそれほどでもない。というのも、劇場版ではあまり活躍しているシーンが少なく、登場した時間自体も長くない。

でも一応ファンとして買ってみたって感じ・・・だったんですが、組み立てるとかっこよく見えるガンプラマジックも加わり、見た目超イケメン!!!

造形も良い!可動も良好!
2016年製のRGということで、例の「アドヴァンスドMSジョイント問題」が心配だったんですが問題なさそう!

RG問題を知らない方は↓下記記事をチェック!

【RGこれはマジで買うな!】特におすすめしないRG5選と3つの理由

価格に対して満足度は十分!ぼくは買って良かったですね!!

再販が近いこと、今後の予定もわかっている月があるので、その辺も合わせて「良かった所」・「良くなかった所」などをまとめていきたいと思うので、作ってみたいと思っている方は是非参考にご覧ください。

  • RG ダブルオークアンタのクオリティが気になる
  • RG ダブルオークアンタの良かった所・良くなかった所が知りたい
  • RG ダブルオークアンタ価格やギミックを知りたい
  • RG ダブルオークアンタの付属物が知りたい
  • RGでかっこいいガンプラを知りたい
ファズ

Hello!ファズです。

◆仕事関連 WEB制作4年:「WordPress/WEB制作」
◆インドア趣味:アニメ好き歴10年/ガンプラ購入数十種以上!
◆生活品:ソイプロテイン常用2年、試した数十数種

↑インドア多趣味の実際に試した内容の記事を紹介していきます。

※当サイトはリンクフリーですが「出展元」として記載をお願いします!

ファズをフォローする
トレカ・ガンプラ・ゲーム・ブックス買うなら!

【こんな方におすすめ】
◆ガンプラなど掘り出し物を見つけたい
◆汚れ・キズが多少あっても大丈夫
◆プレイ用トレカをまとめて買いたい
◆ちょっと大人なフィギュアを探している

RG ダブルオークアンタの基本情報

RGダブルオークアンタの箱絵

まずは価格や付属物などの情報をまとめていきたいと思います!特にクアンタということで、ビット関連の付属物は気になると思うのでチェックしてみてください。

ガンプラ名RG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ
グレードRG(リアルグレード)
発売日2016年05月28日
対象年齢15才以上
価格2,750円(税10%込)
付属品◆ソードビット
◆バスターライフル用支柱
◆替え手6種
キット内容◆ランナーA~Hまで全10枚
◆リアリスティックデカール×1
◆取扱説明書×1
◆刹那・F・セイエイミニフィギュア×1
RGダブルオークアンタの組み立て説明書
対応アクションベースアクションベース4
アクションベース5
アクションベース6
アクションベース7
アクションベース8
100均アクション台座

基本情報はこんな感じ。昨今のRGほどギミックが豊富でないことや、オプションパーツの少なさや機体がシンプルなことも相まって価格は少々抑えめ。

これでも当時の中では高額な方に感じていましたが・・・今メッチャ高いなRG(笑)

細かいパーツは多いですが、ランナー数も比較的少ないので慣れている方だとサッと組み立てることができると思います。

RG ダブルオークアンタの付属物

付属物(オプションパーツ)は↓こんな感じ。

RGダブルオークアンタの付属品

【付属品】

  • 左手握り拳×1
  • 左手開きて×1
  • 左右可動手×1
  • 左右GNソード・ライフル用×1
  • GNバスターライフルの支柱
  • 刹那・F・セイエイのミニフィギュア

本体以外RGとしては最低限って感じでしょうか。GNバスターライフルが重くなるので支柱があるのは嬉しいですが、正直この支柱よりもビットを展開する用の円形支柱とかほしかったですね。

ロボット魂版にはビットを複数固定して劇中再現できるものもついてたので、ぼくも購入するまであるものだと思い込んでました。

RG ダブルオークアンタ【可動チェック】

それでは可動をチェック。発売当時の謳い文句は最大級の可動域ということだったので、実際に体調査した結果。

【可動チェック後の結論】

アドヴァンスドMSジョイントが気持ち緩くなった感はありますが、特に全体に問題があるようなことはありませんでした。
ただ、可動域に関しては「首・」「胸部」・「腰部」で弱く、あまり可動しなかったのが残念でした。下半身は良かったですが、ここまで胴体が動かないとポージングにダイナミックさが出しにくいかもしれません。

下記でチェック時の感想をまとめていきます。

アドバンスドMSジョイントはエクシアと共通のものが流用されているので、下半身周りの可動はバッチリでした。

アドバンスドMSジョイントは廃止?使用率の減少はいつから?

首周り

早速首周りの可動をチェック!・・・したんですが、左右は問題ありませんでしたが、上下の可動は結構よろしくなかったですね。

【首周りの可動】

  • 左右:◎
  • 上下:△

腕周り

腕周りは可動十分!水平に上げても90度以上あがりますし、肘の関節に加え手首付近に関節が設けられているのでアクションポーズには全く問題ない範囲。

肩の引き出しギミックがあるので前方にも引き出せるんですが、ショルダーアーマーと胸部装甲が干渉してあまり引き出せないですね。後ろにも若干しか可動しませんでした。

ちなみにぼくのクアンタ。この時点で右腕手首当たり破損して応急処置状態です。ちょっと変に見えるのはそのせいなので・・・。

【腕周りの可動】

  • 上下:◎
  • 前後:△
  • 肘関節:〇
  • 手首関節:〇

胴体周り

胴体周りはガチガチで、今のRGと比べるとかなり動かないですね。

前後に関しても若干可動するくらいなんですが、前に1度倒して戻す際にカチッとしっかり直る感じがして安定感は良かったです!関節が弱くなってブランブランする心配はなさそうです。

腰部サイドアーマーは前後に若干可動。

【胴体周りの可動】

  • 左右:△
  • 回転:◎
  • 前後:△

脚部周り

デザイン的に腰部のアーマーが小さいので脚部可動に関しては十分な柔軟性と可動域だと思いました!

造形バランスも良く、膝たちから片足立ちまで余裕で出来ます。

【脚部周りの可動】

  • 左右:◎
  • 上下:◎

足首周り

足首はボールジョイントとロール軸で柔軟に動かせ、大きく開脚した状態でも足裏を十分設置できます。

また、RG特有の爪先付近にある関節域で上下ともに可動も十分!

【足首周りの可動】

  • 左右:◎
  • 上下:◎

アドヴァンスドMSジョイントのへたれ具合はどう?

ここまである程度動かした感想としては、アドヴァンスドMSジョイントがやや緩くなった気もしますが・・・「肩関節」・「胴体」・「爪先」部分以外はアドヴァンスドMSジョイントの影響を受けず、腕に関しては軽量なので得意影響はありません。

腰部もカクっとハマるように仕組みになっていて、弱っても影響はでなさそう。

全体的にシンプルで装備の重量もないので、足に自重がかかるようなポージングをしなければ爪先の方も問題なし!!

RG ダブルオークアンタ【ポージングギャラリーレビュー】

基本立ちはこんな感じ。基本立たせとくだけでかなりカッコいい。

浮遊させてもカッコいいすね。シンプルなデザインにバックパックのアクセントが良い。

GNソードⅤは腰部左右どちらにもマウント可能。

今回リアルスティックデカールを貼った状態でレビューしましたが、余白が大きくちゃんと線に合わせて貼るとズレますね。(ぼくがミスってる可能性はある)

右肩を見たらはみ出してるのがわかると思います。

ソードビットを展開させた状態だと片翼っぽく見せることもできます。

GNソードⅤで構え。装備の展開は疾走感を表現するにもいいかも。

ソードビットはシールドごと前方に向けることができます。

腕周りと足回りの可動は十分ですが、やはり胸部の可動がもう少し欲しい。

首周りの可動もちょっと足りてない・・・というかアンテナみたいなやつが結構ジャマかも(笑)

ソードビット射出状態!
射出状態の支柱がマジで欲しかった!!!なんでついてないんだー(笑)

ソードビット広げて飛んでる風だとダブルオーライザーに見えなくもない?

↑首周りの可動がこれはマジで欲しい!!!ほんとは目線こっちに向けると迫力増すと思うんですよね~

GNバスターソード。かなりデカい!!!ディスプレイする時は飾るスペースを確保するのが大変そう・・・。

↑個人的にこのポーズでディスプレイしようと思ったんですが、ショーケースからはみ出して無理でした(笑)

バスターソードでなくGNソードⅤだけでも結構長いのでディスプレイ困るんですよね。

続いてGNバスターライフル。支柱がついてますが、使わなくても短時間なら使わなくても保持できました。

でも支柱がないと徐々に下がっていくので、安定させたい方は使用必須。

以上、ダブルオークアンタポージングレビューでした。クオリティは高いんですが、かっこよく撮影できる角度が探しにくい印象でしたね。

ちなみに差し込み上部のロックを外すことでGNドライヴの脱着もできる仕様になっていますね。

劇中のパージシーンは外装を外してそれっぽい再現もできます。フレームがあるRGやMGならではですが・・・結構面倒(笑)

RG ダブルオークアンタ【サイズ比較】

サイズは1/144のHGとほぼ同じくらい。造形とディティールに差があるのでその分厚い印象がありますが、横幅、高さ共に大きくはないですね。

RGHi-νガンダムやサザビーと比べるとかなりサイズに差がでてしまいますね・・・ほんとに同じRG?(笑)

↓続いて2010年発売のロボット魂版クアンタとの比較。

RG 00クアンタとロボット魂 00クアンタの比較

サイズはRGの方が一回り大きくなってますね。しかしサイズよりも気になるのが造形!

RGは小さなMGとも言われますが、2016年段階だとロボット魂買うくらいなら間違いなくRG買った方がいいと思うほどクオリティが段違いでした。

RG 00クアンタロボット魂 00クアンタ
価格2,750円(税10%込)3,850円(税10%込)
ギミック
造形クオリティ
可動域

基本的に優れていたのはRG 00クアンタの方でしたが、ロボット魂版のクアンタはGNソードビットをディスプレイできる支柱もついてくるのでその点は魅力的。

それ以外はRGに軍配があがるほどクオリティが高かったですね。

RG ダブルオークアンタ【良かった所・良くなかった所】

良かった所
良くなかった所
  • 造形が良い
  • 脚部可動域が良い
  • ソードビットの展開がかっこいい
  • 軽くてディスプレイベースを選ばない
  • バックパックパーツが緩くなる
  • 胴体可動が不十分
  • 付属デカールの余白が大きい
  • クリスタルパーツが1部取れやすかった

「良かった所・良くなかった所」をまとめると↑こんな感じ!

個人的に買って良かったと思いますし、価格に対して満足度は高かったんですが、1部良くない所のせいで・・・ぼくは1部破損にも繋がってしまったんですよね。

下記で詳しく解説。

良かった所

■造形が良い

1番良かったポイント!造形がジンプルでカッコいい!!!もっとメカメカしててもいいとは思うんですが、不必要な装備なのに汎用性がある。そしてそれが片翼のようなシルエットに見えてカッコいいと思いました!

昔のRGだとSEEDが造形も結構酷いなと思うんですが2016年時点では良い物もありそうですね。

■脚部可動域が良い

脚部の可動はどこも十二分にいいと感じました!開脚から屈伸、爪先までGOOD!

ロボット魂だと可動は十分だったんですが、爪先が思ったより伸びず、躍動感を作れないなど感じていたので、比較してかなり良いと思います!

■ソードドビットの展開がかっこいい

シールドに取り付けるビットはそれぞれ取りはずしができるのに加え、取り付けたまま展開するような状態にすることができます。

飛行しているポージングを付けるならこの展開はマジでしたままの方が栄えますね。

■軽くてディスプレイベースを選ばない

2016年製のRGなので、今ほど重量感はありませんね!メリットとしては、軽量なのでどのタイプのアクションベースにも対応できるところでしょうか。

例えば少し重量のあるRGやHGにアクションベース6だと支柱が細いのでサポートくらいにしか使えません。RGクアンタはアクションベース6でも十分支えられるほど軽いです。

良くなかった所

■バックパックパーツが緩くなる(かもしれない)

ちょっと原因が2択になってしまうんですが、バックパックの基部(シールドとの接続箇所)が緩くなる事象が確認できました。

【考えられる原因】

  • パーツの1部を切り取ってしまった
  • 動かしすぎると摩耗して突起がなくなる

↑上記いずれかが原因になっていると思います。本来小さな突起があるはずなんですが、ほとんどなくなっていた状態でした。

これが起こるとちょこちょこ外れるので、ポージングを決めにくくストレスがたまります。

一時対応として軸を瞬着で太らせて対応しましたが、加工が必要かもしれないです。パチ組初心者で飾るだけなら問題ありませんが、頻繁に動かす方には配慮が必要。

■胴体可動が不十分

可動域チェックで先述した通り、胴体の可動がほとんどできず、回転のみとなっています。そのため、ポージングの際躍動感を生み出す角度を付けづらいのがデメリット。

強度自体は問題ないんですが、ポージングを付けて飾りたい方の場合、「なんかうまく決まらない」と感じることもあると思います。

もし解決できない場合は、立たせてディスプレイするのをおすすめ!普通に立たせてもカッコいいので、下手なポーズつけるよりはずっといいと思います!

■付属デカールの余白が大きい

今回パチ組勢の方にもわかるようにデカールを使用した状態でレビューしました。

付属のリアルスティックデカールの透明部分余白が大きく、装甲に沿って貼ってもはみ出すことが多かったですね。

最初はいいですが、おそらく徐々にはみ出した箇所から粘着力がなくなって剥がれてくるかも。

もし気にいらないなら別売りの「水転写式デカール」があるのでそれを試してみても良いかもしれませせん。

■クリスタルパーツが1部取れやすかった

個体差かもしれませんが、腕や足のコンデンサー部分に使うクリアパーツが1部取れやすかったです。

これ自体はあとでなんとかできそうなんですが、ぼくの場合、すぐに脳止したまま接着剤を使ってしまい、右腕の手首を固めてしまいました・・気づかず手首動かそうとしたら折れましたね(笑)

っていうことにも繋がるので、接着する際には1度バラシて他に影響がでない状態にするのをおすすめします!

RG ダブルオー【口コミ評判】

他購入者の「RG ダブルオークアンタ」に対する評価はどんなもんなの?っていうところを紹介しようと思います!

【口コミの結果から】

作った方の口コミ評判はめっちゃ良かったという声で溢れていました!

Xを1部取り上げるので、「こいつのレビューだけでは信用できないっ!!!」という方は是非覗いてみてください。

探すとまだまだありますが、とりあえず↑こんな感じ!作った方に共通しているのは満足度の高さでしょうか。

RG ダブルオークアンタの再販予定

2024年4月月現在、公開されている再販予定は2回。

  • 2024年4月8日(月)
  • 2024年月7月

1つは直近の4月8日(月)に予定されており、記事執筆時点ではすでに販売開始されています。

が、量販店だと予定日に販売される方が少ないというお店もあるので、今からでも全然購入可能

個人的にヤマダ電機などでは再販物は週末にまとめて出すケースが多いように感じています。平日お子さんでも購入できるように配慮かもしれませんね!転売対策もシッカリしているので可能性はあるかと。

ただ、4月に関しては再販物が多いので、1回で全部出し切るのは難しいかもしれません。可能なら毎日足を運んでみると購入確率は上がると思います。(当たり前のことしか言ってない(笑))

ガンプラの再販情報はDMMでも確認できるのでよければ「定価でガンプラが買える!?DMMのキャンセル待ちや支払い方法は?」の記事をご覧ください。

RG ダブルオークアンタレビュー!【まとめ】

以上、RG ダブルオークアンタについてまとめてきました!

良かった所も良くない所もありましたが、ぼくの総合評価は星「4.0」ですね!

造形や価格も満足度は高かったですが、

  • 胴体の可動
  • GNソードビットのシールド部分、基部が緩くなった
  • 腕部のコンデンサークリアパーツが取れる

↑上記3つがマイナスポイント。特に「GNソードビットのシールド部分、基部の緩み」に関しては原因が明確ではないので、個体差の可能性もあります。

あとは問題なく、2016年のガンプラとしては非常に出来の良いRGだと思います!!

今だと映画の影響でSEEDのRGガンプラも売れていますが・・・やはりRGブランド初期のプラモはかなりクオリティが低い。人気だけで売れてる状態なので、購入してガッカリした方も多いかもしれません。

その点でいうと、RG ダブルオークアンタはRG ハイニューガンダムやRG サザビーのようにギミックモリモリではありませんが、スタンダードなRGとしてとても良く出来ていると思いました。

(クアンタそんなに好きじゃないぼくから見てもかなりかっこいい)

RGで良いキットを探している方はもちろん、ダブルオーファンには1度手に取って是非作ってみても良いと思います。

8月にはver2.0のRGガンダムが登場するので、今後RGブランドはさらなる飛躍が期待できそう。ダブルオー系は刹那機しかRG化していないのでそれ以外の機体ももしかすると・・?

ファズ
ファズ

今回はこんな感じ!

ありがとうございました~

コメント